'."\n";?> アルコール依存症の特徴と家族の接し方

アルコール依存症の特徴と家族の接し方



そもそもアルコール依存症とはどんな症状?

アルコール依存症を治すには、まず本人が依存症を認め、アルコールを断つ事が重要。

しかしそれが一番難しいのが依存症の現実です。

そういった場合、まずはご家族が正しいアルコール依存症の知識を身につけ、本人と話合う時間を多く取る事が必要です。

その際、必ずお酒が入っていない状態で話をする事が重要です。

> 依存症になったきっかけがあれば、治るきっかけも必ずある

そもそもアルコール依存症とはどんな症状?

アルコールを飲む人全員がアルコール依存症になってしまうわけではありません。

では、アルコール依存症になるまで新種のやめられない人とそうでない人との違いは何なのでしょうか?

健康な人であれば、アルコールを飲む際にその量や、いつ飲むか、どこで飲むかといったようなことを自分でコントロールできます。

また、アルコールを控えなくてはいけない場面ではきちんと飲むことを我慢できますし、そもそもアルコールを飲まないことに対して特に我慢しなくてはいけないといったような意識を持ちませんし、そのことに対して苦痛も感じません。

つまり、飲酒に対するコントロールが可能なのです。これがアルコール依存症になると、この飲酒に対するコントロールが失われてしまうのです。

結果、度を越した飲酒をしてしまい、それが止められなくなるのです。アルコール依存症とは、言い換えれば飲酒に対するコントロールを失ってしまう病気、ということになるのです。

ここでは、アルコール依存症の仕組みや原因などとともに、依存症本人だけでなく家族の方へのアドバイスも同時に見ていきます。

アルコール依存症の本質

アルコール依存症の本質とは何なのでしょうか。アルコール依存症の説明として最も分かりやすいのは、依存症をアレルギー的なものとして考える考え方です。

アルコールという物質を体内に取り込むと、それに対する反応が起こり、アルコールの摂取に対する強い渇望が出てきて、その身体的欲求に逆らうことができなくなってしまうという考え方は理解しやすいでしょう。

しかし、それはアルコール依存症の本質ではありません。アルコール依存症がアレルギー反応と同様のものであるという考え方は、現代医学では否定されているのです。

アルコール依存症は、あくまで体の病気なのです。飲酒への欲求は精神的なものではなく肉体的なものにまで進んでしまっています。苦痛や空腹、不眠が肉体的なものであるために意志の力では我慢できないように、意思の力でこれを押さえつけるのは不可能なのです。

一杯だけでやめておこうと思っていながら次の一杯が我慢できなくなってしまうのはアルコール依存症の典型的な症状です。

アルコール依存症の状態では、健康な状態のときにはできていた決まった量で満足するということができなくなり、際限なく飲酒を繰り返してしまうのです。


スポンサードリンク

私のアルコール依存症の特徴と家族の接し方体験記